マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

リゾートマンションの管理費は高くて当たり前?安くする方法をご紹介

最新情報・レポート

リゾートマンションの管理費は高くて当たり前?安くする方法をご紹介

リゾートマンションの管理費は高くて当たり前?安くする方法をご紹介

 

リゾートマンションにかかる管理費が高いと感じてはいませんか。たしかに通常のマンションと比べてリゾートマンションの管理費は高額です。マンションを購入したはいいけど、年々管理費を負担に感じるようになる方も多いでしょう。

 

この記事では、リゾートマンションで高額な管理費が発生する理由や問題点などをご紹介していきます。意外と知らない管理費の仕組みやからくりを知ることで、費用を安くすることができるかもしれません。管理費にお悩みの方や、リゾートマンションの購入を検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

リゾートマンションの維持・管理にかかる費用

リゾートマンションを購入すると、マンションを維持・管理するために管理費を支払う必要があります。リゾートマンションを所有することで発生する維持・管理にかかる費用とは、実際にどのようなものなのでしょうか。

 

管理費

マンションには、所有者の住まいとなる「専有部分」と、マンションの所有者全員が利用する「共有部分」があります。共有部分には、一般的なマンションと同じくエレベーターや通路など、そしてリゾートマンション特有のプールや温泉などの設備が含まれます。

 

専有部分の管理は部屋を借りている所有者個人がおこないますが、共有部分は管理会社がリゾートマンションの清掃や点検作業などの管理を代行しておこなっています。このためにかかる費用を、所有者は「管理費」として支払うことになるのです。

 

設備の規模や築年数などによってメンテナンスの頻度や内容は異なり、設備の規模が大きかったり築年数が古かったりするほど、管理にかかる費用は高くなる場合があります。

 

修繕積立金

リゾートマンションを長年のあいだ維持していくうえで必要となる、「修繕計画」というものがあります。時が経つにつれて劣化していく設備の交換や外壁の塗り替えなど、先のことを考えて修繕に必要な費用を計画して、所有者が積立金として支払うのです。

 

借地料

リゾートマンションが借地権によって建設された場合には「借地料」がかかります。これは管理費などとは別で、リゾートマンションの敷地の地主に対して支払われるものです。これからリゾートマンションの購入を検討されている方は、借地料の支払いの有無を確認しておくとよいでしょう。

 

リゾートマンションの維持・管理には、これらの費用がかかることになります。マンションによって管理する内容はそれぞれに違うため、管理費の金額もマンションによって異なるのです。

 

リゾートマンションの管理費はなぜ高いのか?

リゾートマンションの管理費はなぜ高いのか?

 

マンションには専有部分のほかに共有スペースがあるため、管理費がかかります。しかし、リゾートマンションの管理費は通常のマンションと比較すると高額です。ここからは、リゾートマンションの管理費が高くなってしまう理由をご紹介します。

 

設備の維持費がかかる

リゾートマンションにはプールやテニスコート、温泉などの設備が充実したところも多いです。温泉だけでも、維持していくためには温度や衛生管理なども含めて大変な費用がかかります。設備が豪華であるほど、入居者が負担する維持費は高くなるのです。

 

長期管理費滞納者が多い

経済的に長年の管理費負担が大変になってきたり、所有者が高齢になって収入が減少してしまったため支払いが難しくなったりして滞納してしまう場合があります。いざ物件を手放そうと思っても、築年数が古いほど売却は難しく、リゾートマンションを求める人も以前に比べて減ってきているため、手放すことはより困難となっています。

 

経済的に管理費を支払うことができなくなり、売却したくても買い手がつかない、どうにもできない状況になってしまい長期滞納につながってしまうこともあるのです。

 

管理会社への委託費が高い

リゾートマンションは、バブルに沸いた時代に購入ブームを起こしたこともあり、管理会社への委託費の内容にはバブルの名残があるかもしれません。この時代、購入対象者の富裕層に向けて豪華なサービス内容が盛り込まれていることも少なくないのです。

 

このような理由で管理会社への委託費が高くなり、所有者が必要のないサービスに対して管理費を支払っているといったケースがあります。しっかり確認してみると、驚くような内容が含まれているかもしれません。

 

バブルの時代にリゾートマンションの所有がステータスとなって、豪華な設備を備えることで、マンションの価値を高めていたことが現在では裏目になっていることもあるようです。たしかに、豪華な温泉付きマンションならば温泉を維持するために管理費が加算でしまうということも頷けます。

 

リゾートマンションならではの設備の維持費が高額となり、支払い不能な所有者が存在してしまうのです。豪華なサービスも含めてリゾートマンションの管理費は、通常のマンションと比べてもはるかに高額になってしまうというわけです。必要のないサービスの管理費を負担するのは避けたいものですが、いったいどうすればよいのでしょうか。

 

リゾートマンション問題あるある

通常のマンションとは違い、リゾートマンションならではの問題がいくつかあります。ここからは、リゾートマンションで起こりやすい問題をご紹介します。

 

資金不足

管理費の徴収がうまくいかず、資金不足に陥ってしまうと、大規模な修繕工事なども滞り管理ができない状態になってしまいます。このためにマンションの価値も下がってしまい、売却するにも買い手がつかなくなってしまうおそれもあるのです。

 

理事会が機能しない

リゾートマンションには常住者もいれば遠方に住む所有者もいます。マンション設備についても両者の求めるものは異なります。すべての所有者の意見をひとまとめにすることは難しく、何事も決まらないなど、理事会が機能していないことがあるのです。

 

その結果、必要な修繕をおこなうことができずにマンションの劣化は進んでしまうという悪循環が生まれてしまうのです。また、バブルの時代に建設されたリゾートマンションは20年以上経ったいま、大幅な修繕が必要な時期となっています。それなのに重大な決断をするべき理事会が機能しないということはマンションを維持していくうえで深刻な問題となっています。

 

管理会社の撤退

バブルの時代に流行ったリゾートマンションも、その人気や勢いは時代いと共に陰りを見せてきました。当時人気のあった遠隔地にあるリゾートマンションは、管理する以前にもコストがかかってしまい採算が取れません。このため管理会社はコスト削減によって遠隔地から撤退してしまうこともあるのです。

 

管理会社が撤退した土地のリゾートマンションは、管理がずさんになってしまいかねません。現地で定期的に巡回がおこなわれないマンションは、問題があってもなかなか解決されない状況にあるのです。

 

管理会社が撤退してしまえばなおさら問題は大きくなります。華やかなリゾートマンションもふたを開けてみたら問題が山積みだったなんてこともあるのです。

 

リゾートマンションの管理費を安くするには

リゾートマンションの管理費を安くするには

 

高額な管理費を少しでも減らすために、見直すべきポイントをご紹介します。これまで確認していなかった内容を再確認することで、管理費を削減できるかもしれません。現在の管理費が妥当な金額であるか確認する必要があります。

 

保険の見直し

まずは保険を見直してみましょう。マンションの築年数が多くなるほど保険料は上がっていきます。契約期間や保証内容について見直してみることで、保険料を安くすることができるかもしれません。

 

管理内容の見直し

管理内容についても一度見直してみましょう。不必要なサービス内容が含まれていないか、点検やメンテナンスを外注することはできるかなどの確認をすることも、管理費削減の手段といえるでしょう。

 

管理会社の見直し

管理費の大半は、管理委託費になります。このため、管理委託費を減らすことが、管理費を安くすることに大きくつながるのです。管理会社によって管理委託費は異なるため、管理会社を見直してみることも大切です。

 

保険や管理内容、管理会社を見直してみると、不要なサービスなどが見つかるかもしれません。内容を改めて確認して、必要なら管理会社の変更も検討してみてはいかがでしょうか。

 

管理費は複数の業者から見積もりをとって比較するのがおすすめ

高額な管理費を削減するためにも、複数の管理会社から見積もりをとってみましょう。複数社の管理費を比較することで、相場が見えてきて、現在の管理費の無駄が浮き彫りになるでしょう。

 

マンションの管理に問題を抱えている方や、マンションの管理会社を変更したいけど、どこに依頼すればよいか分からない方なども、他の管理会社がどのようなサービスをどれくらいの費用でおこなってくれるのか確認することができます。

 

無料で見積もりを確認できるサイトもあるので、複数の業者から見積もりをとって適正な管理費を確認して、よりよい管理会社を探しましょう。無駄を省き、管理費を少しでも安くすることが第一です。

 

また、管理費に見合ったマンション管理をおこなってくれることが重要です。高額な管理費を不要なサービスやずさんな管理に使用されることは、避けなければなりません。管理費の支払いは、リゾートマンションの所有者にとって切り離すことのできないものです。むだなコストは削減して、管理費の負担を減らすためにも、見直しの検討をおすすめします。

 

まとめ

所有者にとって大きな負担となる管理費は、リゾートマンションならではの設備や事情によって高額になっています。リゾートマンションの管理費は、いつしか家計を圧迫するものとなってしまうのです。しかし、リゾートマンションが人気を博したころから時代は変わり、管理内容を確認すれば不要なサービスが見つかるかもしれません。

 

何年、何十年と支払うものですから、できることなら管理費は少しでも安く抑えたいものです。まずは保険や管理内容を見直してみて、無駄を省きましょう。また、管理会社を見直すことも手段のひとつです。

 

管理会社によって費用は異なるため、他社と比較することでお住まいの環境に合った管理会社を見つけることができたら、費用やサービスも納得のいくものになるかもしれません。

 

適正なリゾートマンションの管理費を把握するためにも、複数の業者で見積もりをとることをおすすめします。高額な管理費の問題を解消して充実したリゾートライフを送りたいものです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ