マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

マンション管理士と管理業務主任者はどちらを取得したほうがいいの?

最新情報・レポート

マンション管理士と管理業務主任者はどちらを取得したほうがいいの?

マンション管理士と管理業務主任者はどちらを取得したほうがいいの?

 

マンション管理に関わる資格に、「マンション管理士」と「管理業務主任者」というものがあります。あなたはそれぞれの資格の違いや業務内容についてご存知でしょうか?

 

今回は、このふたつの資格の違いやそれぞれの業務内容はもちろん、適性や将来性などについてもわかりやすくまとめました。

 

それぞれの資格についてくわしく知りたい方、資格取得を考えているけれどどちらを、もしくは両方取るべきなのかお悩みの方にはとくに役に立つ内容となっています。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

マンション管理士と管理業務主任者の違いから見てみよう

マンション管理士と管理業務主任者。このふたつはどちらもマンション管理の国家資格です。名前だけでなく、試験科目や試験形式もよく似ています。そのため、このふたつの資格の違いがよくわからない方も多いことと思います。

 

マンション管理士とは?

マンション管理士は管理組合(分譲マンションの購入者)の顧問というイメージです。名前がそっくりですが「マンションの管理人」とは異なります。

 

マンション管理士は、マンションの維持・管理について管理組側の立場から管理組合にアドバイスや支援をおこないます。管理組合は専門知識を持たない一般住民が運営を担っていることがほとんどなので、そのような人たちに向けて幅広く専門的な支援をおこなうことを業務とします。

 

なお、このような管理組合向けのコンサルティング業務はマンション管理士の資格がなくてもおこなうことはできます。ただし、資格を持たない人がマンション管理士を名乗ることはできません。このような資格を「名称独占資格」と呼びます。

 

「公益財団法人マンション管理センター」の実施する試験に合格し、登録することでマンション管理士と名乗ることができます。登録の有効期間はありませんが、5年ごとに講習を受ける必要があります。

 

管理業務主任者とは?

管理業務主任者とは、おもにマンション管理会社に属し、管理委託契約のときに重要事項を説明したり、管理状況の報告をおこなったりします。この業務は管理業務主任者のみができるものです。

 

このように、資格を持つ人だけがその業務をおこなうことができるので、管理業務主任者は「独占業務資格」と呼ばれる資格です。なお、マンション管理会社には管理業務主任者の設置義務があります。

 

管理業務主任者として登録するには、「一般社団法人マンション管理業協会」の実施する試験に合格するほか、2年以上の実務経験もしくはそれにかわる2日間の登録実務講習の修了が必要です。

 

登録後に管理業務主任者証の交付を受けることで、正式に管理業務主任者として業務にたずさわることができます。登録の有効期間はありませんが、主任者証の有効期間は5年です。更新するためには講習を受ける必要があります。

 

受験するならどちらを優先するべき?

受験するならどちらを優先するべき?

 

マンション管理士と管理業務主任者は、こまかな違いはありますがどちらもマンション管理にたずさわるときに役立つ資格です。試験内容が似ていて試験日程も近いことから同時受験をする方も多く、もちろん1回の試験で両方とも合格することは可能です。

 

しかしダブル受験となると、試験内容が似ているとはいえ勉強範囲は広がり、受験者の負担は増えてしまいます。そのため、優先して取得するべき資格はどちらなのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、「ダブル受験のメリット」と「どちらかひとつに選ぶなら、どちらを受験するべきか」について述べていきます。

 

まずダブル受験のメリットについてです。ふたつの試験の勉強内容は似ていて試験日も近いので、一度勉強して忘れたころに再び勉強し直すよりも、一気に勉強してダブル合格できれば効率的と言えるでしょう。

 

どちらかひとつを選ぶとしたら、自分がどのような業務にたずさわりたいのか、どちらの資格が自分に役に立つのかを考えて受験しましょう。

 

ただ、一般的に管理業務主任者のほうが試験の難易度が低いと言われています。業務独占資格でありマンション管理会社に設置義務があるという点でも、先に管理業務主任者に合格しているほうが多くの人にとってメリットが多いと言えるでしょう。

 

どちらかに合格していると、もう一方の試験で50問中5問が免除される制度もあります。まずは手堅く管理業務主任者を受験・合格し、その後マンション管理士を受験するという方法もよいでしょう。

 

それぞれどんな人が向いている?必要スキルは?

ここからはそれぞれの業務の特徴を考慮して、どのような人がその業務に向いているかについて考えていきます。もちろん、現段階でこのようなスキルがないから無理だというわけではありません。実務経験の中で自然と身に付いてくるスキルも多くあるでしょうから、参考程度にお役立てください。

 

マンション管理士の適性

マンション管理士は管理組合(住民)と接する機会が多く、こまかな気配りやコミュニケーション能力は必須スキルと言えるでしょう。相手に信頼され、協力を得ながらマンションの維持・管理を進めていく必要があります。

 

また、住民同士のトラブルの仲裁も大事な役目のひとつです。豊富で正しい法的な知識はもちろん、人間同士の争いですからマニュアルにしばられず柔軟に処理する能力も求められます。多角的にものごとを分析し、中立の立場から合理的な決断をくだすことができるかも重要なポイントです。

 

そのほか、事務作業や数字を扱う作業も多くあるため、ある程度のパソコンスキルや数字を見る力も求められます。

 

管理業務主任者の適性

管理会社に所属して業務をおこなうことになる管理業務主任者。管理会社の立場からだと、マンションの住民はお客さまという形になるでしょうか。そのため、接客業に求められるようなコミュニケーション能力は管理業務主任者にも必要と言えるでしょう。

 

住民からの要求やクレームなどの対応もおこないます。その点、ストレス耐性が強いほうがよいかもしれません。

 

人だけでなく、マンション設備や機械などの故障といったトラブルに対処することもあります。設備や機械の知識もあれば役に立つでしょう。

 

また、管理業務主任者の独占業務である委託契約に関する重要事項の説明や管理事務の報告などをおこなうためには、マンション契約に関する深い知識を持っていることが重要です。

 

そのほか、マンション管理士と同じく事務作業や数字を扱う作業も多くあるため、ある程度のパソコンスキルや数字を見る力も求められます。

 

マンション管理士・管理業務主任者、気になる年収とこれからのこと

マンション管理士・管理業務主任者、気になる年収とこれからのこと

 

やはり苦労して資格を取るからには、それぞれの年収や将来性は気になりますよね。どちらもマンションが存在する限り必要とされる仕事なので、安定性・将来性はあると言えるでしょう。

 

それではマンション管理士と管理業務主任者、それぞれの年収や将来性についてもう少しくわしくみていきましょう。

 

マンション管理士の将来性

専門性の高いマンション管理士の仕事ですが、平均年収は一般的なサラリーマンと大差ない400万円前後と言われています。もちろん、活躍の場を広げているマンション管理士の中にはそれ以上の年収の方も多く、独立開業をすることでさらに年収アップという可能性もあります。

 

管理業務主任者の将来性

管理業務主任者の年収も400万円前後と言われています。ただ、マンション管理会社には管理業務主任者の設置が義務付けられ、管理業務主任者にしかおこなうことのできない業務があるという点は大きな強みと言えるでしょう。

 

まとめ

マンション管理士と管理業務主任者のそれぞれの役割や適性、将来性などについてご紹介しました。どちらもマンション管理に関する専門知識が必要とされ、そのほかにも業務を円滑に進めるためにはコミュニケーション能力や事務処理スキルといった力も必要です。

 

資格取得にはたくさんの時間や勉強が必要なので、大変そう、面倒くさそうと思われる方も多いかもしれません。しかし、どちらも将来的に役に立つと言える資格でしょう。これを機に、資格取得を考えてみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。