マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

タワーマンションの定義…オーナー視点でみるタワマンの魅力と活用法

最新情報・レポート

タワーマンションの定義…オーナー視点でみるタワマンの魅力と活用法

タワーマンションの定義…オーナー視点でみるタワマンの魅力と活用法

 

最近都心部でよく見かけるようになってきた「タワーマンション」。立地の良さやしっかりとした設備から、人気もどんどん高まっていますよね。

 

「まとまった資金も手に入ったし、そろそろマンションの運営でもしてみようかな?」と考えているかたにとっても、タワーマンションの運営は魅力的に見えているかもしれません。

 

なかには「タワーマンション運営は、普通のマンション運営とは違うのかな?」と気になっているかたもいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、「タワーマンションの定義」や、「タワーマンションの運営にはどのようなことが重要なのか」などについてまとめてみました。タワーマンションの運営に興味があるかたは、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

 

 

日本のタワーマンションの起源

タワーマンションの定義について解説する前に、まずはタワーマンションの起源についてご紹介しましょう。

 

タワーマンションの起源は、1970年代ごろまでさかのぼります。このころ、建築技術が飛躍的に進歩したことによって、高層型の建物が建てられるようになりました。

 

そして1980年代~1990年代のバブル期において、タワーマンションは徐々にその数を増やしはじめます。巨大でインパクトのある外観や最新の設備らが、「派手」で「豪華」なものを求めるバブル時代の感覚にマッチしたのです。

 

そしてタワーマンションの増加を一気に後押ししたのが、1997年におこなわれた建築基準法の改正です。この改正により、マンションの共用部分(廊下など)を延床面積に加算しなくてもよいことになりました。

 

共用部分を延床面積に加算しなくてもよいことになると、住居部分を広く取ることができるため、ディベロッパーらが今まで以上に多くの利益を得られるようになります。これによって、タワーマンションの人気が一気に高まり、次々と建築されていくことになったのです。

 

タワーマンションの定義を解説

タワーマンションの定義を解説

 

さて、どんな条件を満たしたマンションが「タワーマンション」になるのでしょうか。ここでは、タワーマンションの定義についてご紹介します。

 

タワーマンションとは?建物としての定義

じつは法律上、「タワーマンション」という言葉はありません。つまりタワーマンションについて、法律上の定義はないのです。しかし業界全体では、一定の基準をもとにタワーマンションであるかどうかを判断しています。その定義が以下のようなものになります。

 

・高さが60m以上の建物

 

・フロア数だとだいたい20階建て以上の建物

 

・住居用建築物

 

この3点を満たした建物であれば、建築業界では一般的に「タワーマンション」と呼ばれることになります。

 

スペック、サービス面での特徴

前述のとおり、高層住居用建築物であればタワーマンションと呼べるのですが、なぜかタワーマンションには高いスペックときめ細やかなサービスを備えられていることが多いです。

 

たとえば、24時間いつでもゴミ出しができるゴミステーションや、常駐のコンシェルジュ、客人を待機させておけるロビーのような場所があるのは、タワーマンションにおいてごく普通のことです。珍しいところではジムやプールなどが備えつけられている物件もあります。

 

このように、「タワーマンション=高級物件」というイメージが強いため、入居希望者もそういった点を重視していることが多いと考えられます。

 

もしタワーマンション運営をおこなうのであれば、こうした要望に応えられるよう、きめ細やかな対応を得意とする管理会社に、管理をお願いすることが重要となってくるでしょう。

 

タワーマンションのメリットとデメリット

人気のタワーマンションですが、もしオーナーになるなら、タワーマンションの定義とともにメリット・デメリットについても知っておきたいところですよね。この章では、タワーマンションにおけるメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

メリット

高いスペックと十分なサービスを売りにしているタワーマンションですから、当然ですがユーザーにとってのメリットは多いです。ユーザーにとくに喜ばれる点には、以下のようなものがあります。

 

・害虫、害獣被害が少ない

 

・カーテンが不要なくらい、外部からの目が気にならない

 

・見晴らしが良い

 

・セキュリティが強固

 

・コンシェルジュが常にいて安心

 

・24時間ゴミ捨て可能なゴミステーションなど、設備が充実していることが多い

 

デメリット

タワーマンションのデメリットには以下のようなものがあります。オーナーになった場合はこのようなデメリットを解消できるような管理会社を選定するなど、工夫が必要となります。

 

・高層階では洗濯物を外に干せない

 

・管理費用が高額な場合が多い

 

・エレベーターがなかなか来ない

 

・夏場など、日当たりが良すぎることがある

 

タワーマンション運営の重要ポイント

タワーマンション運営の重要ポイント

 

タワーマンションの定義やメリットなどを知れば知るほど、タワーマンションがいかに魅力的な物件であるかがわかりますよね。「運営してみたい!」と思うかたも多いかもしれません。タワーマンションの運営においては、どんな点がポイントとなるのでしょうか?

 

デメリットに適切な対応ができる管理会社を選ぶ

タワーマンションの運営においてもっとも重要なのは、管理会社の選定です。タワーマンションにはメリットがたくさんありますが、デメリットもありますので、そのデメリットを埋められるだけのサービスを展開してくれる業者を選ぶ必要があるのです。

 

たとえばゴミ出しに関して住民同士でトラブルが起きた場合のスマートな対応や、エレベーターがなかなか来ないことによって起きたトラブルの解決、共用のラウンジやジム等の行き届いたメンテナンスなどを、きっちりおこなってくれることが最低条件になるでしょう。

 

タワーマンションのたくさんのメリットを活かすためにも、なるべくデメリットはカバーできるようにしておきたいものですよね。したがって、これらの業務をきちんとこなしてくれる、実績の高い管理会社と組むようにするのが最重要ポイントとなるのです。

 

 

信頼できる管理会社を探すには……

「そうはいっても管理会社は山のようにあるし…。どうやって選べばいいのかわからない…。」というかたもいるかもしれません。そんな場合は、管理会社を一括で比較できる比較サイトを利用しましょう。

 

比較サイトであれば、無料で一括見積りを出しくれますので、複数社の比較を簡単におこなうことができます。比較サイトを駆使し、管理の内容と費用のバランスをみながら、最適な管理会社を見つけてみてください。

 

まとめ

今回は、タワーマンションの定義などについて以下のようなことをご紹介しました。

 

・タワーマンションの起源は1970年代から!急激に増えたのは1997年の法改正後

 

・法律上タワーマンションの定義はないが、業界基準のようなものはある

 

・タワーマンションのメリットには、眺望の良さや設備スペックの高さなどがある

 

・エレベーター問題や管理費の高さなど、デメリットもある

 

・タワーマンションを運営する際は、デメリットを回避できる技量を持った管理会社を得選ぶことが大切

 

・管理会社選びに迷ったら、比較サイトを使おう!

 

「マンション内はいつもキレイに掃除されていて、コンシェルジュは丁寧で……。」このように、ユーザーがタワーマンションに期待していることはたくさんあります。

 

運営側に立つとなかなか大変なものですよね。優良な管理会社を選んで、なるべく苦労せずに運営していきたいものです。

 

タワーマンションはこれからもどんどん需要が増えてくると考えられるため、いまから運営を始めるかたも多いでしょう。運営を検討されているかたは、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。