マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

違法駐車のよい対処法は?管理会社ができる適切な無断駐車対策はコレ

最新情報・レポート

違法駐車のよい対処法は?管理会社ができる適切な無断駐車対策はコレ

違法駐車のよい対処法は?管理会社ができる適切な無断駐車対策はコレ

 

自分が所有している、もしくは管理している物件の敷地内に違法駐車されている車両が存在し、困っている人はいませんか?酷い場合は、敷地内どころか他人が契約している駐車スペースに放置している車両もあるようです。

 

入居している人たちからのクレームも心配ですし、早めに撤去してしまいたいところです。しかし、違法駐車されている車両を、土地の管理者だからといって勝手に移動させもていいのでしょうか?

 

そこで今回は、違法駐車を発見した場合の管理者側ができる対処法と、やってはいけないことを解説していきます。

 

 

 

違法駐車をされないために…事前にやっておくことは?

違法駐車に苦しめられないように、まずは違法駐車にされないための対策を講じる必要があります。

 

 

駐車スペースに契約済みの証をつける

駐車スペースにすでに契約している人がいるという証を取り付けておきます。そうすれば、その駐車場と契約している人とのトラブルを避けるためにも、その場所への違法駐車は控えることが多いようです。

 

無断駐車禁止を知らせる

無断駐車を禁止しているということを知らせるほか、もしも無断駐車した場合には、「それ相応のペナルティを負ってもらいます」という趣旨の表示を貼っておきます。こうすれば、無断駐車をちゅうちょする人も出てきます。

 

 

駐車してほしくないスペースを区切る

駐車をしてほしくないエリアに、カラーコーンやロープなどを使って、駐車すること自体ができない状態を作ります。そもそも駐車することができなければ、違法駐車も起こりません。

 

 

敷地内の外観をキレイにしておく

看板や備品がくたびれていると、管理がおろそかになっている場所だと思われてしまいます。その結果、ここなら車を置いていっても何も言われないと考え、違法駐車されてしまうことが多いです。そのため、常に駐車スペースやその周りをキレイに保っておくことで、違法駐車の対策になります。

 

 

なんと…違法駐車されて居住者もお困り!どうする?

なんと…違法駐車されて居住者もお困り!どうする?

 

違法駐車の被害は建物の管理者だけでなく、契約している居住者にも及びます。そして、この不満は管理者側へのクレームにも繋がってしまいます。

 

 

違法駐車が原因のクレーム

契約しているマンションの駐車スペースに知らない車が駐車されていたり、敷地内の通り道に駐車されているせいで、駐車や通行の邪魔になったりします。そうした不満はだんだんと積もり、やがて「どうにかしてくれ」というクレームに発展してしまうこともあります。

 

 

違法駐車をなくすには

違法駐車をなくすには、そもそも違法駐車しやすい駐車スペースと見られないようにするのが1番です。違法駐車をする人は、この駐車スペースなら車を置いておいても何も言われないだろうと思って駐車していきます。

 

そう思われないように、常にしっかりと管理されている駐車スペースであるということをアピールしておくことが重要です。また、もしも違法駐車が起きた場合はすみやかに対処しましょう。そうすることで、違法駐車にすぐに対応してくる管理体制がとられているという認識を持ってもらえます。

 

違反駐車をどうにかしたいが

解決するには、違法駐車されている車両をどうにかするしかないのですが、多くの人は警察に連絡すれば解決できると考えています。しかし、実は警察に連絡しても解決は難しいのです。

 

 

警察に連絡しちゃえば早いよね!いえいえ、警察不介入です

「違法駐車で困ってるし、警察に連絡して車両を引き取ってもらおう」と思い警察に連絡しても、実は違法駐車の問題に警察は介入してくれません。

 

 

警察は介入してくれない

警察は民間人同士の争いに介入してはならないという取り決めがされています。そのため、マンションなどの敷地内で発生した無断駐車の問題は、基本的に管理者側と車の持ち主で解決するしかありません。

 

そのため、警察に違法車両を預かってもらうということはできません。例外として、その車両がなんらかの事件に関わりがある場合にのみ、車両を預かる場合があります。

 

 

持ち主に無断で移動させるのも不許可!

警察がだめなら、レッカー車を呼んで移動させてしまおうと考える人もいるかと思われますが、実はこれもだめなんです。所有者以外の人が無断で車両を移動させる行為は違法にあたり、もし無断で移動させようとして車両にキズなどをつけたりした場合は、損害賠償を請求されるおそれもあります。

 

 

道路交通法に違反している場合は撤去されます

私有地内での無断駐車には警察は一切関与してくれませんが、道路にはみ出しているなど違法駐車している車両が道路交通法に抵触している場合は違反として取り締まってくれます。そのため、公共の道路などに違反駐車している車両でお困りの場合は、通報することで解決することができます。

 

 

無断駐車、最終的には法的手段に訴えることも

無断駐車、最終的には法的手段に訴えることも

 

違法駐車への対処は、警察などに頼らずにおこなう必要があります。対処には、いくつかの段階が存在します。

 

 

違法駐車の対処法

違法駐車されている車両を見つけた場合は、まずは車両に張り紙などをして、所有者に警告するのが有効です。無断駐車を続けた場合に、「〇〇円罰金が発生します」というような趣旨の警告文を取り付けておくことで、相手の対応を待ちます。

 

張り紙を取り付けるさいに、テープなどで張り付けてしまうと、テープ跡が残ってしまい逆に文句を言われることもあるため、ワイパーに挟むなどして固定するようにして、車にキズや汚れをつけないように気をつけてください。

 

 

警告に反応なしなら直接連絡してみよう

警告文を取り付けても特に反応がないなら、車両の持ち主に直接連絡をとって警告しましょう。車両の持ち主を調べるには、陸運局で「登録証明取得申請手続き」というものをおこなうことで知ることができます。

 

放置車両のナンバープレート番号と、放置車両の現在の位置を記した地図、そして放置車両の証拠となる写真を用意し、手続きの時に提出すれば申請できます。違法駐車している人の大半は、どうせ持ち主なんか分からないだろうと思っている人が多いです。

 

そのため、直接連絡をして警告をおこなうことは、非常に高い効果を発揮します。連絡が繋がれば、そのまま車両の撤去をおこなってほしいということを伝えましょう。

 

 

連絡しても撤去に応じてくれない場合は法的手段も

直接の警告に対応してくれない場合は、車両の持ち主に対して訴訟を起こすことも視野に入れていいでしょう。ただし、訴訟を起こすとなると弁護士に依頼するので、多大な費用が必要となります。

また、裁判となれば長い期間を費やすことになりますので、体力、精神力共に大きなストレスになるおそれもあります。法的手段を用いる場合は、それなりの覚悟を持つ必要があるのです。

 

 

まとめ

違法駐車トラブルに対処するには、まずは違法駐車がされにくい駐車スペースであるように管理者が対策しておくことが効果的です。もしも無断駐車されていたとしてもすみやかに対処することで、無断駐車に対して素早い対応ができる管理体制があることを示すことも効果的です。

 

無断駐車されている車両を実際に撤去するには、その車両の持ち主に対応してもらう必要があります。警察などに連絡をしても、警察は個人の土地内での違法駐車には対応できません。また、車の所有者に無断で車両をレッカー移動するなども違法行為にあたります。

 

持ち主には、最初は張り紙などを使って警告し、それでも対応してくれない場合は連絡先を調べて直接連絡を入れましょう。その連絡にも応じてくれない場合は、法的手段に訴えることも考えられます。

 

ただし、実際に訴訟を起こし裁判をおこなうようになれば、弁護士費用などの金銭的な負担や、多大な時間を費やすことからの、体力、精神力への負担もかかってきます。そのため、法的手段をとる場合は、それ相応の覚悟を持っておきましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。