マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

マンション経営は初心者でも始められる!大切な情報まとめました

最新情報・レポート

マンション経営は初心者でも始められる!大切な情報まとめました

マンション経営は初心者でも始められる!大切な情報まとめました

 

マンション経営を副業としている人も増えている近年。「銀行の融資を受けられることから、近年始めてみたい!」と、なかにはこれから始めてみようという方もいるのではないでしょうか?

 

マンション経営は収入などのメリットも多い反面、デメリットもあります。そうした面を正しく理解することはマンション経営を成功させるうえでも大いに役立つことでしょう。

 

今回の記事では、これからマンション経営を始めたい人に向けて、マンション経営のメリット・デメリットをお伝えしていきます。また、実際に始めるときの注意点や経営を成功させるためのコツについても紹介していきます。

 

 

マンション経営を考えるメリットとデメリットとは

マンション経営を考えるときには、マンションを経営することで得られるメリット・デメリットを知っておくことが大切です。マンション経営をするための資金は数百万円~ときに数千万円になることもあります。事前にどんなことが想定されるのかを考えておくことは必須でしょう。

 

ここではマンション経営をする前に、経営から得られるメリット・デメリットについて触れていきます。

 

メリット

まずはマンション経営におけるメリットから見ていきましょう。

 

・長期的な収入源になる

マンションを経営し、健全な運営をすることができれば長期的な収入源を確保することができます。管理や修繕をすることで老後のキャッシュフロー(お金の流れ)を家賃収入から得ることも可能です。オーナーとしてマンション経営をするなかでも、主となるメリットでしょう。

 

・経済変動に強い資産

日本の銀行の利率はスズメの涙ほど。また、経済がいつ悪い状況になるかも不透明です。マンションをはじめとする不動産や土地は、資産のなかでも比較的経済変動には強いものといわれています。日本が不況になってもその影響は比較的少ないものになるでしょう。

 

・保険に加入しておけば生命保険代わりに残せる

マンションを購入すると生命保険の代わりとして残された家族に資産を残すことができます。「団体信用生命保険」という保険に加入しておけば、たとえローンなどの借入金の支払いが残っていても代わりに支払いをしてくれます。

 

そのため、万が一のときのローンの返済を家族がする必要もありません。むしろ家族にはその不動産を運用することで得られる利益や売却による売却益を得ることも可能です。マンション経営は生命保険の代わりになるといってよいでしょう。

 

・初期投資金は少なくても始められる

マンション経営をする際には銀行の融資を受けやすいといわれています。そのため、マンション経営をするための初期投資は少額からでも可能です。また、経営を始めてからは家賃収入から返済できる金額にすることでリスクを減らすことができます。

 

デメリット

マンション経営のメリットは多い一方で、デメリットも存在します。

 

・空室のリスクがある

マンション経営を始めればいつでも部屋は満員御礼!というわけではありません。場合によっては空室になるリスクもありますし、空室の割合によっては、収入よりも借入金や管理費などの出費が多くなってしまうこともあります。

 

・建物の老朽化

マンションは建物ですから、自然に起こる経年劣化や老朽化は避けることができません。建物が老朽化すると家賃を下げる、管理費や修繕費などのランニングコストによって収入が少なくなることも考えられます。

 

・売却時のリスク

マンションを経営し始めてから、もし売却をしたいと考えたときに買い手がすぐに見つかるとは限りません。また、希望の金額で売却することができないケースもあるため、思うようなタイミングで売却できないこともあります。

 

マンション経営は初めて!どうやってやるの?

マンション経営は初めて!どうやってやるの?

 

マンションの経営を始めるには大きくわけて2つの手順があります。ひとつは経営する物件を決めること。次におこなうのが物件の運用・管理です。

 

物件を決める

マンション経営ではいうまでもなく、経営する物件選びが成功するかどうかを大きく左右します。成功するための物件を選ぶためにはまず「情報収集」をおこないましょう。インターネットや身近にマンション経営をしている人がいれば、情報を聞いてみるのもよいでしょう。

 

また物件を決める前の段階で「投資としての目的」や「資産形成の目標金額」や「準備資金」を設定しておきましょう。

 

次におこなうのが「融資してくれる銀行をえらぶこと」です。銀行で活用できる投資枠選びや自己資金の金額、また、返済できる目安とする年数を明確にしておきましょう。

 

このときに利用をおすすめしたいのが「マンション経営の管理会社やサービス会社」です。

 

これらの会社に依頼をすれば複数の銀行の比較や、よりよい物件や銀行サービスの選び方の相談にのってもらうことができます。話をスムーズに進めてもいきやすいでしょう。気になる人は資料請求をしてみるのがよいかもしれません。

 

不動産投資の物件選びでは物件の見た目や設備だけでなく、自分で決めた目標から逆算して考えるのがよいとされています。長期的な視点をもって計画的に考えることで、マンション経営の成功確率を上げることができるでしょう。

 

物件の運用・管理について

マンション経営で物件を決めたら、次に考えることは運用と管理です。マンション経営は運用を開始してから収入が入り始めるので、ここからが本番ともいえるかもしれません。マンション経営の運用・管理の方法として主に下記の3点があります。

 

・自主管理

自主管理は物件の運用・管理をすべて自分でおこないます。管理会社への手数料を払う必要もなく、家賃収入はすべて自分にはいるため自主管理は魅力的といえます。

 

しかし空室のときの入居者応募や清掃、物件のメンテナンスをする必要もあるため、初めて不動産投資をする人には敷居が高いという一面もあります。副業としてするのではなく、複数の物件を管理する専業の大家さんが選ぶ方式でしょう。

 

・管理を委託する

マンションやアパートの管理会社に運用・管理を委託します。空室ができた際の新入居者募集や、清掃も管理会社に任せることができます。

 

管理会社に管理料がかかることがネックですが、家賃からの収入はほぼ手元に入ってきます。マンション経営の運用方法のなかでも、副業としておこなう人には比較的向いている方法といえるでしょう。

・一括借り上げ

一括借り上げは管理会社にすべての部屋を借り上げてもらう方法で、サブリース契約とも呼ばれます。一括借り上げは空室や入居率に関係なく収入が得られることが最大の魅力です。しかしそのぶん管理手数料がかかり、収入はほかの方法に比べ少なくなります。

 

ほかの方法に比べリスクは少し高い方法といえるかもしれません。

 

マンション経営。うまく運営していくコツ

マンション経営。うまく運営していくコツ

 

物件も決め、運用・管理方法も決めた。そこで今度は、マンション経営をうまくおこなうコツについて紹介していきましょう。

 

儲かる仕組みを知る

マンション経営を上手におこなうには、出費と収入のバランスが大切です。収入を増やすためにはマンションの空室を減らし、入居率を上げるのが最大にして唯一の方法でしょう。その点、1部屋だけで運用するよりも、アパートを一括購入して経営するほうが心配は少ないといえます。

 

成功させるための押さえるべき4点

マンションの空室率を下げ、入居率を上げるためには押さえておきたいポイントがあります。

 

・ターゲットを決める

その物件に入ってもらいたいターゲット層を決めておきましょう。一人暮らしの学生や大人数の家族がその例です。こうしたターゲットによって物件の場所や設備、デザインなども大きく変わってくるでしょう。

 

・デザインや設備を整える

マンションには人気の設備がありますよね。たとえば無料で作れるインターネットや、浴室の乾燥機などは設置されていると、物件を選ばれる決め手のひとつとなるでしょう。また、物件のデザインにこだわることで家賃を高くしても入居してもらえる確率は上がるでしょう。

 

・都心や繁華街など人の集まる場所を選ぶ

都心や繁華街は郊外の物件に比べて、入居する人も多く、そのぶん家賃を高く設定することができます。こうした人の流れが多い場所を選ぶのも、マンション経営を成功させる大切なポイントのひとつです。

 

・仲介会社を利用する

前述したように、不慣れなマンション経営では空室や管理面で不安が残ることが多いでしょう。そうした場合には、お客様と物件をつないでくれる管理仲介会社を利用するのがオススメです。

 

マンション経営で一番避けたいのが部屋の空室です。空室ができてしまうとそのぶん家賃収入も減ってしまい、それが続いた場合にはマンション経営が失敗となってしまうこともあります。

 

入居者募集にはある程度の経験や知識が必要です。管理費はかかりますが、よりよい経営をするために管理会社を利用することも検討してみるのがよいでしょう。

まとめ

マンション管理は長期的な収入源になり、銀行の融資も受けやすいことから始めてみたいという人も多いかと思います。マンション経営は生命保険がわりに使うこともできますし、健全な運営をすることができればたくさんの利益を得ることも可能です。

一方で、マンション運営にはリスクもあります。リスクを避けるためには、計画的で長期的な視点で経営を考えるのがよいでしょう。困ったときには専門業者への相談も検討してみてください。

マンションを初めて経営するという人は、わからないことや不安なことも多いでしょう。そんなときには頼りになる会社がいくつもあります。悩んだときにはぜひ専門業者への相談や資料請求をすることから始めてみてはいかがでしょうか?

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。