マンション管理時に雨漏り発生…負担は貸主?借主?被害前の確認方法| マンション管理会社の一括見積りでコスト削減|マンション管理比較君

マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

マンション管理時に雨漏り発生…負担は貸主?借主?被害前の確認方法

最新情報・レポート

マンション管理時に雨漏り発生…負担は貸主?借主?被害前の確認方法

マンション管理時に雨漏り発生…負担は貸主?借主?被害前の確認方法

 

マンション管理で、よくあるトラブルのひとつに「雨漏り」があります。雨漏りの責任が誰にあるのか判断が難しいため、トラブルに発展しやすいのです。 貸主としてはトラブルはさけたく、借主としては早く対処してほしいと双方が思っています。

 

ここでは雨漏りしたときの修理責任や対処法など、貸主借主、両方の立場から解説していきます。これからもし雨漏りが起きても、大きな問題にならずに解決するための参考にしてください。

 

 

 

マンション管理をしていたら雨漏り発生!修理責任は貸主側?借主側?

マンションについてさまざまな管理をしているのは貸主です。つまり大家さんや管理会社にあたります。では雨漏りした場合、修理負担はすべて管理責任になるのでしょうか?
これから状況に応じた責任の違いを説明していきます。

 

マンションの共有部分の劣化・設備の劣化は基本的に貸主負担

マンションの共有部分とは、階段・玄関エントランス・廊下・エレベーターなどがあります。マンション住人全員が使う部分が共有部分は貸主負担といわれています。また、配管など設備の劣化によるものも貸主負担となります。

 

借主側の不注意などは借主負担になりやすい

上記で貸主負担と書きましたが、それは自然劣化のことです。これが借主による不注意や人為的なことによる損傷があった場合は、借主負担となるでしょう。

 

実はどちらが対処するかの明確な定義はない

トラブルになりやすい原因理由ですが、どちらの責任になるのかという明確な決まりがないことです。雨漏りというのは原因が特定しづらく、発生箇所も不明なことも多くあります。あきらかに共有部分の廊下にある配管の劣化と判断できれば簡単ですが、借主の部屋だとそれが経年劣化なのか、また配管は壁の中にあるため剥がして特定となると大掛かりな工事になります。
そういったことから白黒ハッキリつけられない部分があります。

 

水漏れが発生したときの正しい対処方法

水漏れが発生したときの正しい対処方法

 

水漏れが起きたとき慌ててしまいますが、冷静になって何をすべきなのかをお伝えします。

 

被害状況を保存する

借主は、自分の部屋で水漏れがあったときどのような状態かわかるようにしましょう。写真を撮るのがベストです。そして貸主への報告が必要です。
貸主も、写真を撮るかもしくは借主から写真を頼んでください。たとえばこれが業者による施工不良だった場合、業者へ責任をとってもらわなければいけません。そのとき写真がないと、業者が来た際に乾いてしまっていたら責任逃れをされるかもしれません。証拠写真が必要です。

 

水漏れの被害を抑えるために対処を行う

借主の不注意で水漏れを起こしてしまったら、すみやかに水漏れが広がらない工夫が必要です。バケツやタオルを用意しできるだけ水を拭いて、下の階へ水がいかないように注意してください。
借主は、下の階や隣の住人へ水漏れのことを知らせたほうがよいでしょう。なぜなら、こういったことで住人同士のトラブルにもなるからです。できれば借主からもまわりへひとこと言っておくと、大きなトラブルへ発展することをさけられるでしょう。

 

原因を特定していく必要もある

以下の3点に着目することで水漏れの原因を特定しやすくなります。

 

① 発生場所に人はいた?
発生時、発生場所に人がいたかどうかです。人がいて水を使用していたときと、誰もいないときでは人為的なのか自然なのかの判断にもなります。

 

② 場所はどこ?
水気のものが何もない部屋からか、風呂場やキッチン・トイレからなのか、これがわかると水漏れ原因も絞れてきます。

 

③ 水の色は?
きれいな水か色のついた水かを確認してみてください。きれいな水であれば上水、濁った汚い色なら汚水という判断ができ排水管の特定がしやすくなります。

 

雨漏り被害が起こる前に確認しておきたいこと

いざ雨漏りが起きるとパニックになってしまいがちです。そうなる前にあらかじめ確認しておくとよいことをお伝えします。

 

賃貸を貸し出した際の契約内容はどのようになっているか

契約内容をもういちど見直してください。どこまで保証をするのか(してくれるのか)、どちらの責任になるのか、保険は何に加入しているのかを知っておく必要があります。

 

保険加入はどのようになっているか

共用部分での雨漏りは、貸主が責任をとるため損害賠償が適用されます。反対に借主側の人為的な水漏れになると損害賠償請求となります。このとき個人賠償責任保険に加入しているともしものときに役に立ちます。

 

雨漏り修理業者と契約を結んでいるかどうか

雨漏りが起きたとき修理業者と契約を結んでいるとなにかと便利です。 知らない業者よりもいつも懇意にしている知った顔の業者のほうが安心もできます。お得様ということで施工費用も安く見積もってくれるかもしれません。

 

マンションの雨漏りしやすい箇所はどこ?定期的な点検で被害を未然に防げます

マンションの雨漏りしやすい箇所はどこ?定期的な点検で被害を未然に防げます

 

雨漏りを未然に防ぐためには日ごろから定期的な点検をしておくとよいでしょう。ここでは雨漏りしやすい場所をピックアップして解説していきます。

 

屋上部分

屋上には防水加工がしてあります。屋上は直射日光にさらされ、雨の影響も受けやすいため劣化速度も速いです。防水加工も経年劣化によって剥がれるので塗りなおしが必要になってきます。また、ひび割れや浮きがある場合も雨漏り原因になるので要注意です。

 

内壁・外壁・窓近辺

外壁は雨や風の影響をうけるため劣化がしやすいです。屋根と壁の接合部分はとくに雨水が入りやすいのです。外壁に影響があると染み込んで内壁にも伝わってきます。窓も同じく壁との接合部分のシーリング材の劣化によって雨が入り込みます。部屋がカビ臭いと感じたら水漏れを疑ってください。

 

上下水の配管

「水道代が急に上がった」と感じたら、もしかすると配管が劣化している可能性があります。劣化部分から水漏れが発生します。戸建て住宅は水漏れをすると地面に水があふれるので気づきやすいのですが、マンションのような集合住宅は配管が壁の中に埋まっているため気づくのが遅くなります。水道代が上がった理由が他に思い浮かばなければ、配管の劣化かもしれません。

 

まとめ

雨漏りをすると大切な家具や家電も被害にあってしまい、大変なのでできるだけ早く修理することが大切です。しかし雨漏りなのか水漏れなのかの特定も難しく、原因不明なときは責任を誰がとるのか…というトラブルになってしまいます。共用部分の責任は貸主負担ですが、専用部分は状況によって異なります。

 

詳しいことは契約書を見て、どのような契約でどんな保険があるのかをあらかじめ知っておくことが借主・貸主、両者にとって大切なことです。

 

雨漏りの対処法や被害の起こりやすい場所も上記でご紹介しました。これから梅雨に入るのでその前にぜひこの記事を参考にチェックしてみてください。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。