マンションの騒音解決法 誰に相談したらいい?| マンション管理会社の一括見積りでコスト削減|マンション管理比較君

マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

マンションの騒音解決法 誰に相談したらいい?

最新情報・レポート

マンションの騒音解決法 誰に相談したらいい?

マンションの騒音解決法 誰に相談したらいい?

 

マンションやアパートトラブルに付き物なのが「騒音トラブル」。騒音トラブルには大きく分けて空気間を通っての騒音と直接的騒音の2種類があります。空気間を通っての騒音は、近隣の住宅地域から聞こえてくるピアノやテレビの音のことです。直接的騒音は、近隣住人の大声やドタドタといった足音のことをいいます。

 

近隣の人にあいさつをする習慣が薄れている近年では、隣にどんな人が住んでいるか分からないままの方が多いかと思われます。そのような場合、隣が騒がしいときは注意がしづらく、そのままでもよいと思って放置しがちです。しかし騒音を放っておいてしまうと、気づかぬ間に生活に支障をきたし、寝不足やノイローゼなどが生じてしまうこともあります。

 

今回はそんなマンションの騒音の対処方法と騒音被害に遭ったときの解決方法についてご紹介いたします。

 

 

 

マンションの騒音に基準はある?

騒音には大きく分けて2種類の騒音があります。1つは近隣の住宅などから聞こえてくるテレビや楽器などの空気間を通しての騒音、2つ目は上の階に住む子供の走る音やスリッパ音、隣に住む隣人の場合は騒がしい声などの直接的騒音です。

 

はじめはあまり気に留めない方が多いですが、この騒音が毎日続けは話が変わります。ゆっくり過ごしたいのに周りの音が気になって休めなかったり、夜になっても騒音が聞こえてきては質の良い睡眠がとることができません。 結果、ストレスがかかってしまうのです。

 

そんな騒音には実は「騒音の基準」があります。基準の内容は環境基準によって定められた「デシベル」を上回るものが騒音とみなされます。一般的な住宅街では昼間の場合55デシベル以下が基準となり、夜間の場合45デシベル以下が基準とされています。また上記でご紹介した2種類の内容によって騒音の種類も異なります。まず、種類に分けて騒音の内容をご紹介させていただきます。

 

・空気間を通しての騒音

空気間を通しての騒音の場合、主に挙げられるのがピアノ・ステレオスピーカー・テレビとなります。

 

  • ・ピアノの場合       80~90デシベル
  • ・ステレオスピーカーの場合 70~85デシベル
  • ・テレビの場合       55~71デシベル
  •  

     

    ・直接的騒音

    直接的騒音の場合、大きく分けて音楽機器・掃除機や洗濯機の家庭用機器・その他、子供の声やペットの鳴声などが挙げられます。

     

  • ・音楽機器          70~85デシベル
  • ・家庭用機器 洗濯機     65~71デシベル
  •        掃除機     60~75デシベル
  •        エアコン    60~75デシベル
  • ・その他   ペットのなき声 90~100デシベル
  •        子供の走る音  50~65デシベル
  •  

     

    普段なんとなく聞こえてくる音ばかりですが、時間帯や住んでいる地域によっては「騒音」の元となることがあります。例えば、静かな住宅街に昼間聞こえてくるピアノの音はさほど気にはなりませんが、夜間にまで聞こえてくると話が変わります。

     

    就寝中の人が多い中で音がすると、寝ていた人は気になって寝られません。反対ににぎやかな地域の場合、そのような音がしても問題ない場合もあります。

     

    このように聞こえる環境や聞こえてくる音によっては「騒音」として取り扱われてしまうことがあります。そのため、住む地域の環境に合わせて判断をしなければなりません。

     

    このような騒音被害に自身があってしまった場合、どうにかしたい」と思う方は多いです。そのように対応していけばよいのでしょうか?

     

     

    騒音を解決したい!管理会社・弁護士がしてくれること

    騒音を解決したい!管理会社・弁護士がしてくれること

     

    マンションの騒音被害のほとんどが自分の部屋の周りからの音によるものです。例えば3階の真ん中の部屋に住んでいる人は上の階・下の階・右となり・左となりの四方から聞こえてくることがあります。そのため、騒音被害やトラブルに発展しやすいのです。

     

    よくある悩みとして「隣の人の騒ぐ声が毎晩聞こえて気になってしょうがない。でもどんな人が住んでいるのか分からず注意できない」と思われている方も多いです。なかなか騒音解決ができない、そんな方は「管理会社」または「弁護士」に相談しましょう。

     

    管理会社と弁護士ではそれぞれ対応してくれる内容が異なります。

     

     

    管理会社

    管理会社の場合、マンションにはマンションの大家さんと管理会社がいます。マンションの衛生面や状態を管理しているのが管理会社となっているので騒音被害が起きて困ったときは必ず「管理会社」に問い合わせましょう。

     

    管理会社に問い合わせる前に騒音の被害内容を細かくメモにとり、お伝えするのが良いです。例えば騒音の内容・聞こえる時間帯・聞こえてくる場所・何時間その音が続くのかなどを詳しくし伝えることで管理会社も対応しやすくなり、早めの対応をしていただけます。問い合わせた後の管理会社がしてくれる対応は以下の内容になります。

     

     

    ・騒音の音を実際に聞きに来てくれる

    皆さんがお伝えした騒音内容を管理会社が実際に聞きに訪問に来てくれます。実際に騒音を聞いてもらうことにより、ことの深刻さを知ってもらうだけでなく、どのように対応したらよいかを考えてくれるでしょう。

     

    ・騒音もとの住人に注意

    被害状況を確認した管理会社が住人に注意を促してくれます。手紙や張り紙での対応もあれば直接そこの住人に注意をしてくれる場合があります。対応後は管理会社からどんな注意をし、住人がどんな反応だったかを後日連絡してくれます。

     

    管理会社から注意をしていただくことで近隣同士のトラブルを避けることができ、騒音被害を抑えることがきます。

     

    しかし、中にはあまり動いてくれない管理会社もいます。皆さんが訴えても毎度同じ対応をして終わり、それでも騒音は止まずまた管理会社へ連絡といった悪循環になることもあります。そんなときは管理会社を介さず、弁護士へ相談しましょう。

     

     

    弁護士

    弁護士の場合は、法にのっとり近隣の住人に注意をしてくれます。管理会社とは違い弁護士は「専門家」に分類されるので、弁護士が注意をするだけで騒音被害を抑えやすくなります。そもそも騒音は民法によって定められた法律に対し、不法な行為として受け止められます。

     

    最悪の場合、損害賠償の請求などが求められることもあるのです。そのため、大抵の人は弁護士に注意をされたらすぐに気を付けるようになります。

     

     

    最悪の場合、裁判になることも?

    弁護士による注意でも騒音被害が収まらない場合、裁判に発展する事例は少なくありません。

     

    例えば、上階にいる子供の走り回る音に悩まされている方が管理会社経由で伝えても解決できなかった問題が、弁護士に相談したところ国で定められたデシベルが基準値を大幅に超えていたため上階の住人に慰謝料した結果落ち着いた、という事例もあります。

     

    もし、弁護士に相談しても被害が収まらなかったとき、弁護士はまず皆さんが困っている騒音の被害状況・どのような生活を送りたいか・今持っている証拠などについて聞かれることが多いので事前にこの3点を準備しておきます。

     

    次に裁判をするか話し合い、もし相手側が調停を拒否した場合は慰謝料と弁護士費用を請求することができます。管理会社に相談しても動いてもらえないまたは、騒音が止まらない方は一度ご検討してみるのもひとつの手段でしょう。

     

     

    騒音トラブルに巻き込まれないために…自分でできる防音対策

    騒音トラブルに巻き込まれないために…自分でできる防音対策

     

    騒音トラブルに巻き込まれてしまい、注意を行っても相手の人がなかなか改善してくれない場合もあります。長らく被害にあいつづけ、悩んでしまう前に自分ででできる防音対策を行ってみるのもよいです。

     

    うるさい騒音を少しでも軽減する方法

     

    ・上の階から聞こえてくる騒音

    上の階から子供の走り回る音はスリッパなどの音が聞こえて困っている方は、天井に発砲ウレタンやグラスウールなどの音を吸収する素材を貼ることで騒音を抑えることができます。この2つはホームセンターなどで手に入るのでおすすめです。

     

    ・四方から聞こえてくる騒音

    マンションの真ん中の階に住んでいる方は四方からの音に悩まされている方が多いと思います。そんな方には家具の配置を変えてみるのがおすすめです。例えば右に住んでいる隣の人の声が気になるときは、クローゼットや本棚など厚みのある家具を置くことで音を吸収し、声が聞こえにくくなります。物を置くことで音が伝わりにくくなって、不快音をさえぎる効果が期待できます。

     

     

    自分が騒音トラブルの原因を防ぐ方法

     

    ・下階に音を響かせないようにする

    皆さんの足音は大きい方でしょうか?もしかかと歩きをされる方いましたら下の階に響きやすいので歩くときは注意が必要になります。それか、カーペットやマットレスを床に敷きましょう。防音用のカーペットやマットレスが販売されているため騒音防止に購入を考えてみるのも良いです。

     

    ・周囲への防音をするには

    こちらも上記同様、家具の配置を変えることがおすすめです。周りの音を吸収しなくて済むだけでなく、皆さんの生活空間の音を予防することも可能です。テレビやステレオスピーカーは壁伝いに音が聞こえてしまうので部屋の中央や家具越しに配置することが良いです。

     

     

    まとめ

    騒音のトラブルと聞くと、日常茶飯事のことであまり気に留めないかもしれません。しかし、音の聞こえる時間帯や環境によっては「騒音」へと変化し、思わぬトラブルまで発展した結果、最悪の場合事件につながることも少なくありません。

     

    騒音に悩まれている方は、一度マンションの管理会社に問い合わせてみてください。管理会社方から直接騒音もとになっている住人へ注意を呼び掛けてくれるので、隣人トラブルを回避することができます。

     

    注意しても収まらない場合は、弁護士へ問い合わせましょう。状況によっては騒音相手から慰謝料や損害賠償の請求が可能となります。騒音被害で悩まれている方、一人で抱え込まず周りへ助けを求めてみてはいかがでしょうか?

    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • お客様の声
    • よくあるご質問
    • 運営会社
    • スタッフ紹介
    

    無料一括お見積りはこちら

    STEP1 都道府県を選択

    STEP2 市町村を選択

    サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

    0800-805-7678

    24時間365日 日本全国受付中!

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中!

    ご相談窓口

    無料クイックお見積り

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    マンション管理比較君の使い方

    • ご利用の流れ
    • よくあるご質問
    • お客様の声
    • 最新情報・レポート
    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。