マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

マンションのゴミ出しトラブルを防ぐ対策とは

最新情報・レポート

マンションのゴミ出しトラブルを防ぐ対策とは

マンションのゴミ出しトラブルを防ぐ対策とは

マンション内で起こりやすいトラブルの1つがゴミ出しトラブルです。

 

どのマンションにもゴミ出しに関するルールが存在すると思いますが、多くの人が暮らす集合住宅居おいて、住民全員が必ずルールを守ってくれるとは限りません。ゴミ出しトラブルが住民トラブルや管理人とのトラブルに繋がってしまうこともあります。このような二次トラブルに繋がりかねないゴミ出しトラブルを防ぐためは、管理人だけでなく住人の協力意識も必要です。

 

ゴミ出しトラブルが起こらないようにするために、覚えておきたいポイントがあります。ここでは、マンションではどのようなゴミ出しトラブルが起こるのか、トラブルを防ぐためにしておくべきこと、解決できない場合の対応などについて紹介していきます。マンション管理を考えている方、ゴミ出しトラブルに困っている方や、予防したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

マンションで起こるゴミ出しトラブルとは?

マンションで起こるゴミトラブルでは以下のものが挙げられます。

 

  • ・ゴミの分別ルールを守らない
  • ・ゴミ出しの時間を守らない
  • ・臭いトラブル
  • ・プライバシー問題
  • ・住民以外のゴミ投棄
  • ・粗大ゴミを不法投棄される

 

●ゴミの分別
非常に多いのがゴミの分別トラブルです。自治体によってゴミの分別ルールは異なりますが、そのルールを守らずにゴミを捨てることでトラブルが起こります。分別せずに捨てられたゴミは清掃局に回収してもらえないことが多く、回収してもらうためには誰かがゴミを開封して分別する必要があります。

 

そのゴミに張り紙をして、ゴミを捨てた住民に再分別を促すことができればよいのですが、知らないふりをされてしまうこともあります。その場合、いつまでもゴミを置いておくわけにもいかないため、管理人などが代わりにゴミを分別することになります。
ゴミの分別に時間を取られてしまって、マンションの清掃やメンテナンスがおろそかになるというケースもあるようです。

 

 

●ゴミ出しの時間を守らない
基本的にゴミ収集車は来る曜日が決まっています。多くのマンションではゴミ出しの時間はゴミ収集車が来る日の朝というルールにしています。収集車が来る時間が非常に早い地域などは、前日の夜にゴミ出しをしてもよいというルールもあるようです。

 

このようにゴミ出しには時間のルールがあることが多いですが、それを守らずに、ゴミ収集車が来る日とは違う曜日にゴミを出す人がいます。収集日ではないためゴミ捨て場の鍵が開いていないという場合には、その場にゴミを置いて行くという人さえいるようです。

 

 

●臭いトラブル
近年、24時間いつでもゴミ出しできるという設備のマンションが増えてきました。仕事の都合などにより決められた時間にゴミ出しができない人には非常に便利な設備です。

 

しかし、いつでもゴミ出しができることで、収集日までの数日間ゴミが置かれたままになることもあります。生ゴミの臭いが目立ったり、鳥につつかれるなどしてゴミ袋が破れ生ゴミの汁が垂れたりするなど、臭いトラブルに繋がることもあります。
悪臭だけでなくハエなど虫が発生することもあるため、臭いトラブルは深刻な問題です。

 

 

●プライバシー問題
誰かが捨てたゴミを勝手に開封して中身を見るという人がいるようです。マンションでは多くの人が生活しているため、もしかしたらこのような人が住んでいるかもしれません。個人情報に関わる資料などをそのまま捨てていた場合、個人情報を見られてしまうことがあります。プライバシー問題だと感じる人も多いと思いますが、勝手にゴミを開けること自体は法律上問題ありません。

 

本人に直接注意するか、ゴミ出しの際は資料などをシュレッダーにかけるよう住民へ注意喚起するしかありません。

 

 

●住民以外のゴミ投棄
住民以外の人がゴミを捨てに来るというトラブルがあります。鍵がなければゴミ捨て場へ行けない設備のマンションであれば問題ありませんが、そうでない場合は注意だけでなく設備の見直しなどが必要になるかもしれません。

 

 

●粗大ゴミを不法投棄される
多くの自治体では粗大ゴミの処分にお金がかかり、申請をしなければなりません。しかし申請をせずにマンションのゴミ捨て場へ粗大ゴミを捨てていく人もいます。ゴミを捨てた住民が誰なのかわからないため、管理組合や大家さんが処分の費用を支払うというケースが非常に多いようです。

 

 

トラブルを防ぐためにはルールを徹底させることが重要!

トラブルを防ぐためにはルールを徹底させることが重要!

ゴミのトラブルで怖いのは、ルールを守らなくても大丈夫なのだと思われることです。不法投棄した粗大ゴミや分別を怠ったゴミを誰かが一度でも対処し回収すると、「ルールを守らなくても誰かがどうにかしてくれるから大丈夫だ」と認識されてしまいます。

 

ルールが守られないときはすぐに対処してしまわずに、ゴミ自体に張り紙をしてしばらく回収しないといった対応をしてみましょう。それでも捨てた住民が取りに来ない場合は管理人側が処分するしかありませんが、しばらく張り紙をしておくことで自主的に回収しに来る住民もいます。ルール違反だから回収しないということをきちんと提示するのが大切です。

 

また、ルール自体が認知されていないこともゴミトラブルが起こる原因の一つです。ゴミ捨て場や掲示板などに分別やゴミ出し時間のルールを貼ったり、起こりうるトラブルに関しての注意喚起をおこなったりするなど、改めて住民にルールを確認してもらうようにしましょう。そのうえで守らなかった場合は回収しないといった決まりをきちんと明記しておくことが大切です。

 

 

どうしても解決できない場合は監視カメラと鍵の設置が効果的

ルールの周知や注意喚起をおこなっても解決できないというときは、監視カメラや鍵の設置をしてみましょう。

 

ゴミ捨て場やその周辺に監視カメラをつけているマンションも多くあります。監視カメラがあるというだけで、ルール違反への抑止力になるのです。また、それでもルールが破られたときには、監視カメラを見て誰がそのゴミを出したのかを確認し、注意することができます。

 

またゴミ捨て場に鍵を設置することで住民以外のゴミ投棄を確実に防ぐことができます。
どうしても解決できないというときにはこれらの方法を試してみるのがよいでしょう。

 

 

設備を整えることでゴミ出しがいつでもできるように!

設備を整えることでゴミ出しがいつでもできるように!

マンションの階数や形によってはゴミ捨て場までが非常に遠いということも出てきます。自分がゴミ捨て場の方まで行く日についでにゴミを出したいという住民もいることでしょう。

 

マンションの中にはいつでもゴミ出しができる設備を整えているものもあります。生ゴミの臭いは非常に気になるため、ゴミ収集日まで待たなくても生ゴミが出せる「ディスポーザー」という設備を使用しているマンションもあります。まだまだ最新のゴミ設備を導入しているマンションは少ないですが、設備を整えるのもトラブルを予防する方法の一つです。

 

 

まとめ

マンションにおけるゴミトラブルは衛生問題にも繋がることがあり、深刻な問題です。ルールに対する住民の意識を変えなければ完全に解決するのは難しいかもしれません。 その場合は、監視カメラの導入や鍵の取り付け、設備の見直しなどをして、少しずつ対応してみましょう。ゴミ出しルールの徹底には粘り強さが必要ですが、住民の快適な生活や、管理業務の負担を減らすためにも根気よくルールの徹底をおこないましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。