マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

マンション大規模修繕の時期はいつが適切?|手順と費用を抑える方法

最新情報・レポート

マンション大規模修繕の時期はいつが適切?|手順と費用を抑える方法

マンション大規模修繕の時期はいつが適切?|手順と費用を抑える方法

 

ふと街中を歩いていると見かける光景。大きなビルやマンションに、灰色のメッシュシートと足場が組み込まれた光景を、あなたも目にしたことがあるでしょう。あの光景は、ビルやマンションの”大規模修繕“がおこなわれているものです。街中でよく見かけますよね。

 

そんなビルやマンションの大規模修繕。とりわけマンションにおいては、大規模修繕をするタイミングに目安が存在します。定期的に修繕作業をおこなわなければ、マンションは劣化し続けてしまいます。大規模修繕の目安となるタイミングを知ることは有益でしょう。

 

当コラムでは、マンションの大規模修繕について目安となる時期や、詳しい作業内容、大まかな流れを紹介します。マンションの大規模修繕は管理会社や大家さんだけの問題ではありません。住む人々の生活環境も大きく左右します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

マンションの大規模修繕、周期は決まっていません

マンションの大規模修繕は、明確な適正時期が定められていません。しかし、目安となる時期や年数があることは事実です。一般的な目安となる年数は10年~12年ほど。長くとも15年に一度、大規模改善をおこなうことが推奨されています。年々劣化は進んでいきます。

 

マンションの大規模修繕が及ぼす影響は、見た目の変化だけではありません。大規模修繕をすることは、マンションの資産価値にも直結します。基本的に年数が経つにつれて、マンションの資産価値は減少するものですが、修繕をしなければその傾向は大きくなります。

 

修繕作業の主軸となる作業は、主にマンションの共有部分の修繕です。また、“修繕”と聞くと不具合が生じている場所、すでに大きなトラブルが発生している場所のみの作業と感じるかもしれません。しかしその実作業内容の中には、今後の劣化を防ぐ内容も含まれます。

 

大規模修繕は、マンションの現状を修繕し、かつ将来に対する予防的な役割も担っているのです。外壁補修などは、その好例でしょう。修繕に用いられる費用に関しては、マンションの住民から“修繕積立金”として、月々徴収されていることが一般的なようです。

 

劣化部分だけじゃない?修繕するか検討すべき場所

劣化部分だけじゃない?修繕するか検討すべき場所

 

マンションの大規模修繕は、すでに劣化し不具合が生じている場所のみを対象にしたものではありません。作業後のトラブルを予防するための内容も、含まれています。そのため、修繕作業の範囲は多岐に渡ることがほとんど。修繕を検討するべき場所を、ご紹介します。

 

各設備の修繕

マンションの内装によく使用されているタイル。大規模修繕では、このタイルの状態を見極め、状態に応じた適切な対処をおこないます。ヒビ割れの補修や場合によっては張り替えなど、不具合の修繕や今後のトラブルに対する予防策などを、タイルに施(ほどこ)します。

 

また、マンションの内装には、手すりが設置されていることが多いでしょう。修繕作業では手すりの状態も確認し、撤去や取り替えをおこないます。手すり自体の劣化はもちろんですが、手すりを支える支柱の修繕、補修も丁寧におこないます。

 

鉄筋コンクリートの修繕や補修も、十分におこなわれます。ヒビ割れや劣化したコンクリート、サビの除去をしたのち、修繕します。また、窓や扉の枠周辺に設置されている“シーリング”も新しいものに取り替えをおこない、最新の状態へアップグレードしていきます。

 

外壁の塗装

マンションの外観を大きく左右する外壁部分。マンションの大規模修繕の“花形”といってもよいでしょう。外壁の修繕をおこなうときはまず洗浄から始め、状態確認がしやすい状況をつくるところから始めます。そのあと、外壁用の塗料を用いて塗装をおこないます。

 

外壁塗装は、マンションの見た目を変えるだけではありません。外壁塗装をすることで、マンションの補強をしたり、サビや腐食を遅らせたりすることができるのです。マンションの大規模修繕において、外壁塗装は基本の作業のひとつともいえるでしょう。

 

施設内の改装

現在日本で進んでいる高齢化社会。今後マンションでは空室が増えていくことが予想されています。そのため、なかには大規模改修のタイミングで、施設内の改装をしているケースも多いよう。空室になった部屋の面積を、そのまま共有スペースにしてしまうのです。

 

また、マンション内のバリアフリー化を進めている例も、増えつつあるようです。時代の形に合わせた最適なマンションの形を実現する。そのタイミングとして、大規模修繕は大きな転機となるでしょう。修繕の際は、将来を見越した計画を考える必要があります。

 

大規模修繕をおこなう際のおもな流れ

マンションの大規模修繕をおこなう際は、基本的な流れが存在します。細かい点で業者ごとに違いはありますが、大まかな手順は大きく変わらないでしょう。大規模修繕の流れを把握することは、業者と話をする際にも大いに役立ちます。ぜひ参考にしてみてください。

 

・住民への説明会

もっとも重要な手順のひとつといえるでしょう。なぜ、マンションの大規模修繕をおこなうのか、作業の目的や範囲の共有、注意点などを、マンションの住人を交えておこなっていきます。修繕作業は相互理解が非常に重要。後々のトラブルを避けるためにも必須です。

 

・共通施設の設置

共通設備とは、修繕作業をおこなう際に必要な事務所や休憩所、仮設トイレなどを意味します。長期に及ぶマンションの大規模改善作業では、これらの設備は必須でしょう。作業の前に設置を完了させ、下準備を整えます。本格的な作業開始はこのあとからです。

 

・足場の組立

高層に及ぶマンションの修繕作業。そのためには足場の設置が不可欠です。建物の周りにまんべんなく足場を設置していきます。同様に、メッシュシートを全面に張っていきます。

 

・調査と下地の補修

足場を組んだら、マンション全体の状態を調査していきます。コンクリートやタイルのヒビ割れなどを確認、該当箇所にはマーキングをしていきます。調査終了後、マーキングした箇所を中心に下地の補修をおこなっていきます。主な修繕作業のひとつといえます。

 

・シーリング工事

窓や扉の枠に設置されている“シーリング”。マンション全体の補修をしたのち、シーリングの補修、取り替えを実施していきます。見た目も一新することができるでしょう。

 

・洗浄

マンション内部の作業が終了したら、外壁修繕の作業に入っていきます。始めにおこなうのは外壁の入念な洗浄作業です。高圧洗浄機を用いてキレイに洗浄。洗浄することによって表面の蓄積した汚れを取り除き、次の外壁塗装の作業を円滑に進める準備をします。

 

・外壁塗装工事

洗浄をしたのち、外壁用の塗料を使用してマンションの外壁を塗装していきます。外壁塗装にはマンションの外観を整え、印象を一新する役割があります。また、それ以外にも、コンクリートを保護する役割もあります。修繕工事のハイライトともいえるでしょう。

 

・防水工事

雨風にさらされるマンションの設備には、防水工事をおこないます。主に作業をおこなう場所は、屋上やバルコニーなどです。目立たないですが、重要な作業でといえます。

 

・足場の解体

修繕作業が完了したら、不備がないかの確認をおこないます。問題がなければ足場の解体を始めていきます。ここまで辿り着いたら、修繕作業はほぼ終了といえるでしょう。

 

・共通設備の解体

作業前に設置した事務所や休憩所、仮設トイレなどを撤去して、マンションの修繕作業は終了です。竣工ともいいますね。大規模修繕は上記の流れで進みます。手順を覚えて、かつそれぞれの意味を理解しておくことは、作業を任せるうえでも安心できるでしょう。

 

「修繕費用は依頼先で大きく変わる」ってホント?

「修繕費用は依頼先で大きく変わる」ってホント?

 

マンションの大規模修繕は、10年~15年に一度が目安です。定期的、ともいえますが、あまり一般的なものではないでしょう。そしてその作業にかかる費用は、依頼する業者によって大きく異なります。さらにその金額差は、作業の規模が大きいほど顕著(けんちょ)です。

 

大規模になるほど金額に差が出る

なぜそのような状況が発生するのでしょうか?その原因は、作業に関わる人数や塗料の金額のわずかな違いにあります。たとえば塗料の費用が業者ごとに100円違った場合、50個使用した場合は5,000円、100個使用した場合は、10,000円の金額差が生じます。

 

この例はかなり極端なものですが、工事の規模が大きくなればなるほど、そこに生じる金額差は大きくなります。ときには数万円~数十万円の金額差になることもあるでしょう。マンションの大規模修繕を業者に依頼する際は、しっかりとした見極めが必要になります。

 

値段だけで決めてしまうのは危険

業者ごとに費用に大きな金額差が生じる。どうせ作業を依頼するのであれば、安く請け負ってくれる業者に依頼をしたいところですよね。とはいえ、業者の判断基準を金額だけに置いてしまうのは少し危険といえます。修繕工事において、失敗例は多く存在するのです。

 

そのなかでも多いのが、作業の質が悪く納得がいかなかった、というものです。大規模修繕にかかる金額は、安くはありません。しかし、作業の質の見極めも非常に重要な要素です。業者の公式サイトやクチコミサイトなどを参考に、質の高い業者を探しましょう。

 

費用を抑えるには相見積り!

作業の質も高く、かつ費用も安い。そんな業者に出会うことができたら、最高ですよね。そのためには前述した公式サイトの参照のほか、“相見積り”が非常に重要です。相見積りとは、複数の業者に見積りを依頼し、作業内容や費用を比較する便利な方法です。

 

安くはない金額です。慎重になるのはもちろん大切でしょう。しかし、効率的に結果を得ることができる方法があれば、それを使用するべきだとも思います。相見積りは、業者選びのさながらセスナ機。最速で納得できる業者を決めるための、最善策といえるでしょう。

 

まとめ

マンションの大規模修繕について、詳しくお伝えしてきました。大規模修繕に明確な時期の定義はありませんが、一般的に10年~12年に一度が目安、長くとも15年に一度は作業を検討したほうがよいでしょう。期間は長きに渡りますが、作業は定期的におこないます。

 

マンションの大規模修繕では、基本的な修繕箇所や流れは決まっています。本文中で紹介してきた内容を踏まえれば、業者との話し合いや、実際の作業風景も安心して見守ることができるでしょう。ぜひとも今回の内容を、あなたのお役に立ててください。

 

マンションの大規模修繕を依頼するときは、業者間で大きな費用の差が生じます。納得できる業者を探し出すためには、公式サイトの参照や相見積りをおこないましょう。作業にかかる費用相場や、信頼できる業者を探し出すためにもお役に立つでしょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。