マンション管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

転勤での空き家の問題はリロケーションで解決

最新情報・レポート

転勤での空き家の問題はリロケーションで解決

転勤での空き家の問題はリロケーションで解決

最近は賃貸物件が足りない地域が出てくるほど、賃貸物件の需要が高まっていますが、リロケーションという賃貸形態をご存知でしょうか?リロケーションは昔からある賃貸形態でしたが、最近はその需要を高めてきています。

 

リロケーションをすれば収入を増やすこともできると言われているほど、期待値が高いものですがいったいどんな賃貸形態なのでしょうか。今回はそんなリロケーションがどういったもので、リロケーションを行う方法がどういったものかをご紹介していきます。

 

 

「家を貸す」のと「リロケーション」の違いを理解できていますか?

リロケーションの意味をしっかりと理解できていますか?リロケーションとは、転勤や一時的に日本から海外へ出ていくときなど、住宅を長期間空ける際に賃貸することです。このリロケーションと家を貸すことは、意味は似ていますが微妙に違うところがあります。

 

家を貸すというのは、借りている側が退去するまで基本的にその物件に住めるようになっている物件を貸し出しているもので、リロケーションは決まった期間内で物件を貸し出すことを言います。そのため転勤などで戻ってきたときに家を空けてもらうことになります。

 

リロケーションは1992年の借地借家法で「期限付借家権」というものができるまでは、戻ってきても家を明け渡してもらえる保証がなかったのであまり流行りませんでした。しかし、その制度が入ってからは法律で決められたため、必ずその期間が終われば家が空くようになり、転勤などが終わり戻ってきたときに必ず家が空いている状態を作ることができるようになったため、リロケーション市場が拡大し、賃貸物件の1つとして認められるようになりました。

 

リロケーションの方法

リロケーションの方法

物件のリロケーションを行うには、まずリロケーション会社に相談します。このリロケーション会社とは主に本業が仲介不動産会社をやっていたり、不動産管理会社だったりと不動産業であることがほとんどです。そんなリロケーション会社に相談するタイミングは、家を空ける数か月前からです。それより遅いと入居者がいない無駄な期間が増えてしまうため、できるだけ早い相談がいいでしょう。

 

リロケーション会社に相談後、家賃や敷金、礼金などの賃貸条件を決めていきます。この賃貸条件は自分の言ったとおりになることはほとんどなく、不動産を知り尽くしている管理会社がその物件の価値などから、この程度なら入居者が決まるというような考えで決めていきます。ある程度の要望は受け入れてもらえますが、あまりに厳しいものは受け入れてもらえないようです。

 

家賃などの確認が済んだら今度は業務委託契約(賃貸借契約)を結びます。この業務委託契約や賃貸借契約が変わるのは、リロケーションの形態が複数あるため、契約方法も変わります。大きく分けるとリロケーションには所有者が入居者に貸すものとリロケーション会社に貸して、リロケーション会社が入居者に転貸するものがあります。

 

所有者が入居者に貸すものは、直接の契約者は所有者と入居者になるのですが、転勤をしてしまう所有者とその場で暮らす入居者では距離があるため、審査や契約などの手間が普通よりもかかります。そのためリロケーション会社はその契約などの代理を務めるというものです。契約などの任せるときに、所有者は物件の管理もできないので、物件の管理についても業務委託することもあります。

 

リロケーション会社が入居者に貸すものは、所有者がリロケーション会社と賃貸借契約を結んで、物件を借りたリロケーション会社が入居者と再度賃貸借契約を行うサブリース型のことを言います。この形態では、リロケーション会社は所有者に家賃保証を用意していることがあります。

 

契約を結び終わったらこの先はリロケーション会社の仕事になります。入居者を募集し、入居者と契約します。入居者が決まり、家賃が入ったらリロケーション会社の取り分を引いた家賃を受け取ります。

 

主にこの流れで、リロケーションを行うことができます。リロケーション会社を使わず、自分で入居者を決めて、書類を作成し、家賃収入を得ることもできます。しかしこの方法は自分で書類を作成する必要があり、しっかりと効力のある書類を作らなければ、入居者が決まった期間で出て行ってくれないことや、家賃を滞納、ある一定の期間住んでくれないなどの問題が起きた時に、自分で解決しなければならないので、大変な思いをする恐れがあります。

 

どこまでが管理会社の管轄?

リロケーション会社が管轄する範囲は会社によって多少の違いはあるようですが、基本的に家を空けている間の管理はしてもらえます。入居者が決まった後のトラブルなど解決などもリロケーション会社が行うことがほとんどですが、設備などの故障など、入居者が生活するのに必要な設備の故障時は、所有者もちでの修理になることがほとんどです。入退時のハウスクリーニングはその都度必要とされていますが、その費用は基本的に物件の所有者もちになることがほとんどです。

 

また障子や畳などがある物件では、入退時にすべて交換になるのでその費用も掛かります。ほかにも普通借家契約と比較すると家賃が1割から3割安く設定されているときもあります。これは期間が決まった賃貸としては普通のことなので、常識として覚えておきましょう。

 

リロケーションで入ってくるお金はどれくらい?

リロケーションで入ってくるお金はどれくらい?

リロケーションをしている物件からの収入としては、入居者が払う家賃が収入になります。この家賃からリロケーション会社に払う管理費と税金が引かれたものが収入となります。収入面で見ると予想より低い数字になることは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

 

このリロケーション会社との契約でかかるお金も見過ごすことができません。主にかかるお金は管理委託申込料や契約事務手数料、広告用写真撮影料やハウスクリーニング・壁紙張り替え、入居者決定の成約料などです。すべて足すと家賃3か月分くらいになることがあります。

 

このほかに毎月かかる費用として、管理委託手数料や修繕費用、納税代行料など付けているオプションでさまざまな費用がかかってきます。転勤が終わり戻ってきたときにかかる費用としては、退去立ち会い費用やハウスクリーニング費用などがかかります。

 

さまざまな費用がかかりますが、一番かかる費用は毎月かかる管理委託手数料になるので、この費用が安いリロケーション会社との契約をおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?自分がいない間、大切なマイホームや分譲マンションを貸し出すことに抵抗がある人はいると思います。しかし年間で数百万が家賃収入として手に入る可能性もあります。家の損傷など気にはなりますが、だれも住んでいない家を貸すだけで収入が入ると思うと少し悩んでします。

 

空き家のままにしておくと固定資産税や泥棒・放火、無断占拠や不法投棄など空き家としての問題も発生してしまうこともありますので、リロケーションすることも考えてみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 都道府県を選択

STEP2 市町村を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7678

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

無料クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

マンション管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。